読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2年間でサブ3.5到達するぞ!

2年間限定でこのブログを書いていきたいと考えています。

イチロー選手のライオンやトラはウエイトトレーニングしないからという発言について個人的意見を。


こんにちは。

イチロー選手が言っていた(報道ステーションのインタビューで)
「持って生まれたバランスを壊してはダメ」
「ライオンやトラはウエイトトレーニングしない」

ということについて色々な意見がTwitter上で見られています。

このことについて、今日は書いていこうと思っています。

ウエイトトレーニングをすると体重が増える、重くなる。腱や関節は鍛えられないから筋肉の重さで故障するというのがイチロー選手の考え。

しかし、プロ野球選手のオフのニュースといえばウエイト、肉体改造、体重何キロ増などを多く目にするわけなんですが
ウエイトをしたからといって故障するのであれば大半が怪我をすると思います

ボクは、ウエイトの目的を間違えなければいいと思っています。というのも、マラソンランナーがボディービルダーのような大きい筋肉をつけてしまうと走れなくなってしまいますよね。
結局のところ、目的を間違えなければ(目的を持っているのであれば)ウエイトトレーニングをして筋肉を強化することは間違ってはいないと考えます。

かくいう、ボクもウエイトトレーニングをするのでこの発言を聞いた時に少しだけ違和感を感じたのも確かです。

次に、持って生まれたバランスについて
この感覚自体、わかっている人が居るのかが不明瞭。
しかも、持って生まれたバランスの定義がわからないので何とも言えないところです。

山本義徳さんはツイッター上で
「競技を行うためには、それに必要とされる生存とは別のバランスが必要となる」と述べています。

すなわち、それぞれのスポーツに特化したバランスと生きるためのバランスは違うということを意味しているわけですね。
ボクはこの指摘に対し概ね賛同しています。

しかしながら、イチロー選手本人が自身の体の感覚で掴んだ理論であるならば外野がいろいろ言う必要もないと思いました。


最後に、一番心配なのがイチロー選手の発言を考えもせず鵜呑みにすること。
イチロー選手が言ってたからウエイトトレーニングしないほうがいい、腱や関節は鍛えられない。などと自分で考えもせず練習に反映させることです。
自分なりの理由を持ってウエイトトレーニングをする、しないを決めるべきですね。

ダルビッシュ、金本氏のようにウエイトトレーニングに対して賛成派の意見もありますから

情報の取捨選択が必要であるということをボクは強く感じました。